Top2007年10月30日 »

最新記事【2007年06月09日】

.

アスタキサンチンは若返りの救世主として、非常に注目を浴びている成分です!
ところで、このアスタキサンチンの原料は何か知っていますか?どんなに体に
いいといわれても、よく分からない合成物質だったら摂りたくないですよね?

アスタキサンチンの原料について、自然界で存在する場所を紹介します。
【アスタキサンチンの原料】

アスタキサンチンは、カロテノイドの一種で、赤橙色をした色素成分です。
ヘマトコッカス藻という海草に多く含まれるほか、オキアミやサケ、
エビなどの甲殻類や魚類まで、自然界に幅広く分布しています。

これら、自然界の生物に含まれるアスタキサンチンは、元々餌となる
ヘマトコッカス藻などの微生物が生産しているもので、それが
食物連鎖を通じて蓄積されたものです。

アスタキサンチンを自ら作り出せるのは植物と微生物のみで、
動物はそれらを摂取・蓄積して利用しているのです。

アスタキサンチンを多く含むサケは、その体が紫外線の影響を受けないように、
アスタキサンチンで身を赤くしているのです。




【アスタキサンチンの原料の故郷】

アスタキサンチンの原料は、アオノリやクロレラなどと同じ仲間の
ヘマトコッカスという名の緑色の藻です。このヘマトコッカスの故郷は、
ハワイのマウイ島など、太陽の恵みが豊富な地域です。

初めは緑色をしているヘマトコッカス藻体が、太陽の光をたっぷり浴びると
赤く変化していきます。この赤い色素が、アスタキサンチンなのです。

ヘマトコッカス藻が海中で外気と触れることなく、
他の微生物の侵入を防ぎながら、ハワイの太陽の光をまんべんなく浴びて、
アスタキサンチンが、すくすくと育っているのです。
.

アスタキサンチンは万能色素として、いま非常に注目されています!
その多岐にわたる効果は、健康サプリメントのみならず、美白効果を
期待してのスキンケア商品や化粧品・更にはダイエットにも効果を見せています
アスタキサンチンの幅広い効果をどんどん羅列しますので、
どうぞじっくりとお読みになってください!



【ビタミンEの500倍の抗酸化作用】

アスタキサンチンといえば、その抗酸化作用が非常に有名です!!
数々の実験で抗酸化作用のある物質としてビタミンEが代表となっていますが、
アスタキサンチンは、ビタミンEよりも500倍の抗酸化作用が認められています。


【目の健康にも!】

アスタキサンチンは血液網膜関門を通り抜けることの出来る非常に珍しい
抗酸化物質です。そのため、目の疲れ、仮性近視、白内障にも効果があります。
注目されるのは加齢黄斑変性にも効果があるといわれる点でしょう!

アスタキサンチンは眼精疲労の原因となる目のピントを合わせる筋肉の
疲労回復を助け、目の疲れを改善します。


【紫外線から肌を守る!】

アスタキサンチンは、紫外線で真皮に含まれるコラーゲンが破壊されるのを
防ぎます。コラーゲンは、肌の潤いの元。これがなくなっていくと、
肌は老化し、ハリとみずみずしさを失いまし。

アスタキサンチンが、肌の潤いを逃がしません!また加齢や
紫外線のダメージからできるシミやシワを薄くしてくれます。



【動脈硬化を防ぐ!】

アスタキサンチンは、酸化されたコレステロールが血管にこびりついて
血管を細くするのを防いでくれます。血液をサラサラにする効果があります。

また、LDLコレステロールの酸化を防ぎ、血液を流れやすくします。
このLDLコレステロールは、人間の血液中のコレステロールの中でも、
もっとも悪事を働くコレステロールとして名高いものです。
.

アスタキサンチンという、今非常に注目されている成分を知っていますか?
アスタキサンチンの幅広い効果や、すごい作用を知っていますか?
よく知らない・・という方、ぜひこのページで基礎知識を身に付けてください!
【アスタキサンチンとは】

アスタキサンチンはベータカロチン等と同じく、鮭、イクラ、エビ・カニ類の
赤い色など自然界に存在する赤色色素であるカロチノイドのひとつです。
ヘマトコッカスという藻に含まれるカロテノイドの一種なのです。

アスタキサンチンはカロチノイドの中でも非常に強い抗酸化力を持つ物質で
自然界最強の抗酸化作用を有する物質といわれています。

その抗酸化力は、抗酸化力の強い物質代表のビタミンEの500倍、
ベータカロチンと比べても40倍以上あると言われております。

アスタキサンチンは脂肪に溶ける性質を持ち、細胞の中に入り込んで、
活性酸素を消去して血液をさらさらにします。

またアスタキサンチンの大きな特徴は、脳に不必要な物質が侵入するのを防ぐ
血液脳関門を通過できる抗酸化物質である点です。

そのため脳内の毛細血管の血行改善および眼の疲労回復を行い、更に紫外線に
よる活性酸素からお肌を守るなど、全身で抗酸化力を発揮します。



【アスタキサンチンの安全性】

アスタキサンチン8mgは、野生のベニザケ2切れ半に含まれる量に相当します。
この量は、食品から安全に摂取できる範囲です。

人間を使った臨床試験では、一日に19mg摂取を続けても、副作用や問題はなく、
極めて安全なサプリメントと言われています。
.

アスタキサンチンには、様々な凄い効果があることが分かっています!
ここではアスタキサンチンのアレルギーを抑える効果を紹介します!!
【アスタキサンチンの抗ヒスタミン作用】

アスタキサンチンは、ヒスタミンを無毒化する抗ヒスタミン作用を示し、
アレルギー反応を緩やかにする働きが確認されています。

私たちの体の中にアレルギー物質が進入すると、大量の免疫抗体が作られ、
肥満細胞内で大量のヒスタミンが産生されます。このヒスタミンが肥満細胞から
流れ出すと、目や鼻で炎症が起こり、涙や鼻水が大量分泌されるのです。

このようにしてヒスタミンは、主にアトピー性皮膚炎のかゆみや炎症、
掌蹠膿疱症の膿胞や骨膜の痛み、花粉症の目や鼻のかゆみと炎症など、
辛い症状でありながら完治が難しいアレルギー症状の原因となります。

ヒスタミンによる皮膚のかゆみや炎症を抑制する抗ヒスタミン作用の目的で
アスタキサンチンはアメリカで非常に多く使われています。




【アスタキサンチンの作用の仕方】

1mg~6mg程度の量のアスタキサンチンの摂取を毎日続けていくと、
アスタキサンチンは主に全身の細胞の細胞膜に蓄積され、
細胞における抗ヒスタミン作用が高まることがわかっています。

細胞膜に蓄積されたアスタキサンチンの量が十分になると、ヒスタミンが
細胞に近づいてくる時に、アスタキサンチンが抗ヒスタミン作用を示し、
ヒスタミンに取り付いて、ヒスタミンを無毒化してくれます。

例えばその細胞が末梢神経細胞だった場合、アスタキサンチンの効果で、
皮膚のかゆみの原因が無毒化されることで、かゆみ改善につながります。



【アスタキサンチンの効果を出すために!】

アスタキサンチンは、細胞に十分な量が蓄積されることで、抗ヒスタミン作用を
示します。そのため、その効果には即効性が無く、継続摂取して効果が現れる、
という特徴がありますので、長期摂取することを心がけてください。

.

アスタキサンチンは、非常に注目度の高い抗酸化物質です!
その効果は幅広く、お肌や目の老化に効果的であるという嬉しい報告が
ありますが、なんとガンにも効果があるという報告もあるのです!
アスタキサンチンの幅広い効果を、ご紹介いたします!


【抗ガン作用・糖尿病予防効果】

アスタキサンチンは、免疫力を高めるので癌の抑制に非常に効果があり、
糖尿病の予防にも効果があるといわれています。


●大腸がんへの効果

マウスを使った実験で、大腸ガンを起こす物質を与えたマウスに、
アスタキサンチンを摂取したグループとしないグループに分けて研究をした
実験があります。

アスタキサンチンを摂取しないマウスは63%が大腸ガンを起こしたのに対し、
アスタキサンチンを摂取したグループは、摂取量によってそれぞれ41%、
31%とガンになる確率が低下し、さらに腫瘍のサイズも小さくなりました。


●膀胱ガンへの効果

膀胱ガンを起こす物質が入った水を20週間飲んだマウスに、その後20週間
アスタキサンチンを与えた場合と与えない場合を比べた実験があります。

アスタキサンチンを摂取しないマウスは42%が膀胱ガンを起こしたのに対し、
アスタキサンチンを摂取したグループは18%とガンになる確率が低下しました。



●糖尿病への効果

糖尿病のマウスにアスタキサンチンを投与したところ、
通常は高血糖状態が続く事により、腎臓の機能が損なわれてしまうところが、
アスタキサンチンにより腎臓へのダメージが緩和されたという結果がでました。



【ストレスに負けない体に】

精神的・身体的にストレスがかかると、体はどんどん活性酸素を作り出します。
ところがアスタキサンチンはこの活性酸素を抑える力が、他のカロチノイドや
抗酸化成分に比べて格段に優れているので、ストレスに強い体と心を作ります。


【筋肉疲労の回復に】

アスタキサンチンを摂取することで、運動などの筋肉疲労の回復を助けます。

実験で、アスタキサンチンを飲んだグループは、飲まないグループより
疲労回復が早く、長時間に渡って運動を続けることができたという結果が
でています。スポーツをする人にもアスタキサンチンはオススメです。

.

アスタキサンチンには、様々な素晴らしい効果があることが分かっています。
ここではアスタキサンチンが、目にも良い効果をもたらすことを紹介します!
パソコンを仕事でよく使う人は、ぜひともアスタキサンチンを摂取しましょう!
【アスタキサンチンは眼精疲労にも!】

アスタキサンチンの抗酸化作用が、眼精疲労の改善に効果を発揮する、
という報告が多くあります。

パソコンの画面を見ていて目がかすんだり、テレビを見ると目がチカチカしたり
するなど、眼精疲労を起こしている場合は、アスタキサンチンと
アントシアニンとを併用することがオススメです!

アントシアニンはブルーベリーにたくさん含まれる目の救世主成分です。

アントシアニンはロドプシンの再合成のサイクルを早め、目からの情報を
脳に十分に伝えてくれます。すると脳への負荷が減るので、
目の組織への無理な要求が減り、眼精疲労の改善に繋がるのです。

そのアントシアニンを助けるために、アスタキサンチンやスーパールテインの
摂取を奨める専門家が、たくさんいるのです。

ヒトの眼球には、アスタキサンチンやルテインがたくさん存在することが
分かっています。特に黒斑や網膜にアスタキサンチンが多く存在しており、
その抗酸化作用によって、活性酸素から眼球を守っているといわれています。

眼球のように、常に紫外線を多く浴びている組織においては、
一重項酸素などの活性酸素が多く発生することが解っており、
抗酸化作用を示す抗酸化サプリメントが特に必要となっています。

アメリカでは年配者には白内障の防止や目の健康、
眼精疲労の予防と改善のために、アスタキサンチンなどの抗酸化作用のある
栄養素を摂取することを奨めています。




【白内障にも!】

アスタキサンチンには細胞内の組織であるミトコンドリアにおいて、
活性酸素の生成を抑制する抗酸化作用が確認されており、
体内で発生する活性酸素の量も減らすことが可能であるとされています。

目は紫外線等で、常に活性酸素に曝されて老化しやすい部位なので、
CoQ10などの抗酸化物質も併用して、外からの活性酸素も、
内からの活性酸素も抑えることが非常に大切です。

アメリカでは糖尿病がひどくなると起こる糖尿病性の白内障の進行を
抑制するために、アスタキサンチンが使われています。

ルテインやビタミンE・ビタミンCをアスタキサンチンと併用することによって
目に高い結果を出すことが可能です。

.

アスタキサンチンの化粧品が、今、非常に注目されています!
なぜアスタキサンチン化粧品が注目されるのでしょう?その秘密に迫ります!
【大注目のその理由】

大注目のその理由、それはアスタキサンチンの持つ抗酸化作用が、非常に優秀で
非常に強力だからです。動物実験でも細胞を酸化する過酸化脂質の生成を、
ビタミンEの1000倍以上も抑制する効果を示しました!

細胞の酸化を防ぐということは、肌の老化を抑えるということです!!

また、免疫細胞や皮膚組織を酸化損傷させる”活性酸素”を除去する作用も
強力です。活性酸素の中でもとくに毒性が強い”一重項酸素”の消去能力は
ビタミンEの100倍以上、β-カロテンの10倍以上にもなることが分かっています



【アスタキサンチンの効果を実験!】

7人の人に、アスタキサンチンを塗った場合と塗らない場合で実験をしました。
UV-B紫外線をあて、1週間後に色素沈着の抑制効果を測定したものです。

この実験結果で、アスタキサンチンを塗った方と塗っていないかった方で、
色素沈着が半分以上も差があったという顕著な効果が示されました。
アスタキサンチンは、紫外線の影響を予防できる、肌に有効な成分なのです!




【ビタミンA効果も!】

アスタキサンチンは、一部が体内でビタミンAへ変化することが分かっています
つまり、アスタキサンチンを摂ると、本来のアスタキサンチンの作用とともに、
ビタミンAとしての美容・美肌効果も期待できるのです!

ビタミンAは、抵抗力を高めて皮膚や粘膜を強くする働きがあります。
アスタキサンチンで、肌の老化を抑え、メラニン色素の沈着を予防し、
ビタミンAで、肌を強くしましょう!!

.

アスタキサンチンは、自然界に存在する生命力あふれる成分の中でも、
特に注目を集めている期待の健康成分です。
海洋生物が持つその赤いチカラは、すごい抗酸化力・現代人に不足しがちな
細胞レベルでの強い防御力を備えており、人間が本来持つ健康能力を
少しずつ目覚めさせてくれるものです。

アスタキサンチンを、毎日のベースにし、健康の土台づくりを始めましょう。
手軽に・しかし確実に、アスタキサンチンを摂取するにはサプリメントです!



【効果的な飲み方】

アスタキサンチンは飲むと、体に吸収されて、6~9時間で血中濃度が
最も高まり、それから徐々に低くなります。服用後、6時間以降に、
徐々にその効果が現れます。

1日に、2錠摂取する場合は朝と夜に分けて飲むのがより効果的です。
アスタキサンチンは脂溶性ですので、食事と一緒に、または食後30分以内に
召し上がっていただくのが一番吸収が良くなります。


※アスタキサンチンだけではなく、他の栄養素においても同じ事が言えますが、
栄養素の理想的な摂取のしかたは、食品から摂ることです。鮭やロブスターを
積極的に摂るのも良いことです。





【注目され始めた理由】

アスタキサンチンの抗酸化力は確かにすばらしいものですが、
それでは、何故最近になって注目され始めたのでしょうか?

今まで普及しなかった理由は、アスタキサンチンは通常ごく微量で藻類や
プランクトンにしか含まれていない物質であったことです。

ところが、最近になってヘマトコッカス藻には自然界で一番高い濃度の
アスタキサンチンが含まれることがわかり、大量に培養する技術、
効率の良い抽出方が開発されたことにより、サプリメントが出来始めたのです。

.

アスタキサンチンは、その美容効果でも非常に有名になりましたが、
その美白効果は特筆に価します!!アスタキサンチンの美白効果を紹介します!
【アスタキサンチンの美白効果】

アスタキサンチンで、日焼けに強い肌を作れることが分かっています。
アスタキサンチンを一定期間摂取した人では、その後の紫外線によって起こる
日焼け(サンバーン)の赤みが現れるのを遅らせることができました。

アメリカでのアスタキサンチンを使った実験では、10%~25%くらいの人で
MED値(最小紅斑量値)の上昇が起きています。

これは、アスタキサンチンを摂取すると、10%~25%の時間長く
太陽光線を浴びていても日焼けが起こりにくくなるということです。

MED値が高いほど、その人は日焼けしにくい体質、と考えることができます。
美白したい方は、アスタキサンチンを美白アイテムの1つに加えて、
毎日摂取し続けることをオススメします!

また日本のデータでは、以前のテレビ番組の実験で、歌手の水前寺清子さんが
アスタキサンチンを摂取し、それ以外は普通に生活したところ、肌が白くなり
アンチエイジング効果で肌年齢が-8歳になったこともありました。



【更なる美白効果のために!】

またアメリカでは、アスタキサンチンを日焼け防止や美白に使っている人では、
多くの人が”PABA”という美白サプリメントを、
アスタキサンチンと併用しているというデータがあります。

アスタキサンチンによって日焼けしにくい体質を作ることに加えて、
PABAの摂取によって、表皮で紫外線をカットするという方法が、
美白には効果的であるということです。

また既に作られてしまった黒色メラニン(既に日焼けしてしまった方)を、
肝臓の働きを利用して白色メラニンに変えて目立たなくさせる、
Lシステインという美白サプリメントも美白対策として人気があります。

同様にビタミンCも、美白サプリメントとして有名です。
アスタキサンチンの美白効果を強めるために、ぜひとも併用してみてください!

.

アスタキサンチンは、その強い抗酸化力のために、健康と老化防止に非常に
効果的であることはみなさんご存知でしょう!しかし、アスタキサンチンは
ダイエットにも強い効果をを持つことをご存知ですか?
アスタキサンチンのダイエット効果を徹底検証します!!


【コレステロールに対する効果】

私たちの血液中にコレステロールがあります。コレステロールは脂肪の一種で、
蛋白質と結びついたリポタンパクとして血液中を循環しています。

コレステロールのうち、善玉と呼ばれるHDLは、細胞の余分な脂肪分を
肝臓に運び消化させる働きがあり、悪玉と呼ばれるLDLは、
逆にコレステロールを細胞に運び込む働きがあります。

HDLとLDLが活性酸素の影響を受けると、このコレステロール運搬機能が低下し、
運ばれるはずのコレステロールが血管の内側にたまり、
動脈硬化の原因となり、脳梗塞、狭心症、心筋梗塞などに発展します。

大きな健康被害も怖いですが、動脈硬化が起こって血流が悪いということは、
当然、体の新陳代謝も悪くなり、太りやすくなった状態なのです。

アスタキサンチンは、HDLとLDLに活性酸素が影響するのを防ぐため、
コレステロールの運搬は正常となり、体の新陳代謝も保たれるのです。

また、アスタキサンチンは、LDLを下げ、HDLを増やす働きをすることも
知られています。血中コレステロールの状態を非常に改善してくれるのです。



【体内エネルギー製造アップ】

アスタキサンチンは、細胞のミトコンドリアレベルでのエネルギー製造を
より効率良くする働きもあり、エクササイズなどの際に、
より持久力を上げる効果があることが研究の結果わかりました。

アスタキサンチンを摂って、運動をすると、より体内の脂肪が燃焼し
消費されやすくなるのです!



【ダイエットに必須!美肌効果】

アスタキサンチンは、美肌成分の代表とも言われます。身体の内と外の両面から
女性の美白と美肌をサポートしてくれる救世主です。

とくにダイエット中の女性は、ビタミン不足に陥りやすく、肌が荒れます。
ダイエットで疲れた肌に、アスタキサンチンは栄養を与えてくれるのです。

.

アスタキサンチンと保水性ヒアルロン酸を配合した化粧水が、いま非常に
人気を呼んでいます!なぜアスタキサンチンとヒアルロン酸は相性が
いいのでしょう?その関係をお話します。
【ヒアルロン酸】

ヒアルロン酸は、高い水分保持能力を持っているのですが、20代中盤から
加齢によって体内からは減少していく一方です。歳を重ねるにつれて、
皮膚のみずみずしさが失われるのは、このヒアルロン酸の減少のためです。

ヒアルロン酸が減少した肌は、やがて外気の乾いた環境などにも影響をうけ、
目元のちりめん皺や口元のシワが生まれ、やがて深い皺やたるみになるのです。

潤いとハリのある若々しい美肌を取り戻すために!ヒアルロン酸配合化粧水で、
ヒアルロン酸を体の外から補い、肌の保湿力を高めることが効果的です。



【アスタキサンチン】

一方のアスタキサンチンの肌に対する効果を紹介します。

様々なストレス・紫外線などが作り出す活性酸素は、体やお肌をどんどん
”酸化”させてしまいます。いわゆる”老化”の原因の80%以上は、
細胞の”酸化”が原因であるといわれています。

細胞の酸化を阻止するのが、ずば抜けた抗酸化力を持つアスタキサンチンです。
若い肌・若い体を維持するには、抗酸化力のすぐれた成分のパワーを、
外から補わなければならないのです。

活性酸素の中でも、特に毒性の強い一重項酸素は、肌内部のコラーゲンや
エラスチンに深刻なダメージを与え、シワやたるみなどの肌老化の
原因になっていることが知られています。

アスタキサンチンの一重項酸素に対する効果は、βカロチンの40倍!
CoQ10の150倍とも言われています!まさに美肌のための成分です!




【ヒアルロン酸とアスタキサンチン】

肌の真皮層では、コラーゲンとエラスチンが立体構造を織り成し、
その間隙を柔らかなヒアルロン酸が、水分をたっぷり保持しながら浸しています

しかしコラーゲンとエラスチンの立体構造は、紫外線の影響で壊されます。
ヒアルロン酸は、加齢と共に減少します。肌は紫外線と加齢のために、
老化してしまい、シワやしみができる一方です。

そこで、アスタキサンチンを補うと、紫外線の作用をブロックします!
ヒアルロン酸を補うことで、肌の保水力が保たれます!!
この2大美肌成分を化粧水でたっぷり補い、最高の美肌効果を期待しましょう!

アスタキサンチンの効果を化粧品で実感する!

アスタキサンチンは、ダイエットや美白効果を持った万能成分です!化粧品とサプリメントで実感する!